トップページしらかわ地方の人 > 矢祭町特産品開発協議会さんへ取材

 今日(8月21日)はこの夏1番の暑さと言われている中、矢祭町特産品開発協議会の事務局・営業担当の熊田孝子さんに、
もったいない市場』についてお話をお伺いしました。
熊田さんは、周りの方々から「矢祭のことは熊田さんに聞け!」と言われるほど、矢祭を愛し矢祭を知り尽くす有名な方
なんですよ(#^.^#)

                 もったいない市場ロゴ

 もったいない市場が開設されたのは、今から3年前の平成21年。会員は全体で40~50名いらっしゃいます。
しかし、生産者さんの中には旬がある方が居るので、現在出品しているのは30名くらいです。設立当初の売り上げは10万程度だったそうです。しかし、今は3000万を目標にしているそうですヽ(^o^)丿
継続することにより常連さんができ、毎回来て買ってくれるという絆や信頼が生まれるのですね!!


持っていく商品は、野菜・お米・ゼリーなどの加工品等です。その量は1.25t車で500kgくらいになります。
矢祭町の方々の期待と愛情をたっぷり持っていくのですね (*^_^*)


開設当初は、開催を予定していた場所に車が止められており、商品を並べられないという事や、違うイベントにかぶって
しまったり・・・なんて事もあったそうなのですが、現在はスムーズに段取りや作業ができるようになりました。

    昨年の様子   昨年の出品野菜
                   (昨年のもったいない市場の様子)


 風評被害に対してお伺いしたところ、昨年と違うところは「だんだん忘れられているのではないか」と感じるようになったことです。しかし負けずに、さらには昨年よりも回数を増やすことによって、「福島は頑張っている。美味しいし安全でまごころが入っていると大声で伝えたい!!」とおっしゃっていました。


 昨年はスタッフが2人だったところ今年は3人になり、そのおかげか、現在は3日に1回のペースで首都圏へ「もったいない市場」を開催されています♪年間に換算すると出張回数は100回を超えるペースだそうです。回数を聞いただけで熱意が
伝わりますね!!


熊田さんの夢は、もったいない市場で生活が潤うようになって、子供達の成長に役立てるようになったら素敵ですね☆
と笑顔で話してくださいました。


 先ほど3日に1回のペースで、もったいない市場を開催しているとお話しましたが、詳しくはもったいない市場のHPを
ご覧ください♪
http://mottainai-ichiba.net/


矢祭町特産品開発協議会さんでは今月19日20日に白河市で行われます、「よってがし しらかわ食・人フェア 2012
に出品し、矢祭町の加工品や特産品を販売します。

是非この機会を利用し、足をお運びください\(^o^)/


お忙しい中、取材と案内をしていただきありがとうございました。

               集合写真
               (写真左から:豊田さん 熊田さん 須藤さん)


23年度の記事はこちらから!!

記事担当 わちこ