トップページしらかわ地方の人 >農事組合法人中島水耕生産組合さんへ取材

中島村で水耕栽培によりサラダ菜やチンゲン菜などの栽培を行っている、中島水耕生産組合のい稲田さんへ取材をさせていただきました。

 

            

稲田さんは以前一家でトマト栽培を行っていましたが、規模拡大には「安定出荷」や「労力の負担」が課題となっていました。
水耕栽培の取り組みが地域に無い時代に、JAが水耕栽培のテスト栽培を行い、その新しい栽培システムを見て「これからの農業はこれだ」と感じ、平成5年より近隣の農家さんと共に「農事組合法人中島水耕生産組合」を設立し、水耕栽培を開始しました。
実施当初は、季節により生産量に差が出たり、病害虫の発生などにより、生産量や品質をうまくコントロールできずに大変苦労したそうですが、現在では計画どおりにコントロールできるようになったそうです。

            

栽培にあっては、農薬を出来る限り使用せずに品質を確保する栽培形態とするほか、放射性物質検査を定期的に実施し、安全な農産物の生産に心がけています。
さらに近隣の水耕栽培を行っている農家とは定期的に打ち合わせを開催するとともに、共同で研修を実施するなど、地域の連携を深めることを心がけ、優良な産地として向上するよう努力しています。

 

【問い合わせ先】   農事組合法人中島水耕生産組合
           〒961-0101
           福島県西白河郡中島村大字松崎字袴舘地内
           TEL 0248-52-3610