トップページしらかわ地方の人 > 有限会社矢祭園芸さんへ取材

矢祭町でシクラメン等の鉢物栽培を行う、有限会社矢祭園芸の金澤夫妻に取材をさせていただきました。

 

金澤さんは1年間の花き栽培研修を受けた後、矢祭町において初めて施設化による花き栽培に取り組みました。
就農後は意欲的に技術習得や新品種育成、販路拡大に取り組み、時には大雪によるハウスがつぶれたりする事もありましたが、地域の方々を雇用しながら順調に経営を拡大してきました。

            

また、近隣の青年農業者とともに多品目、高品質、多量生産矢祭町鉢物研究会を立ち上げ、オリジナル品種を中心とした生産及び共同出荷に取り組み、他にはない特色ある産地作りに貢献しています。

            

花を通して多くの消費者とコミュニケーションを図る「フラワーコミュニケーション」を経営の信念としており、首都圏のイベントに積極的に出向き、出来るだけ多くの消費者とコミュニケーションをとれるように心がけています。
震災以降、風評対策等に追われた事もありましたが、多くの消費者や関係者から励まされたそうです。

            

これからは支援を受けるだけではなく、応援していただいた皆様に恩返しをするという意味でも、それらの方々の期待に応えられるように、人の心を和ませるような花づくりをこれからも続けていくとおっしゃっていました。

 

【問い合わせ先】  有限会社矢祭園芸
           〒963-5113
           福島県東白川郡矢祭町下関河内下古宿8
           TEL 0247-47-2201
           

 

矢祭園芸さんのHPはこちら♪♪